奨学金制度

奨学金制度とは、学習意欲がある学生に対して学費や生活費を給付または貸与することによって経済的負担を軽減するための制度です。

「給付」される奨学金は、支給された奨学金を返還する必要がないのですが、「貸与」の場合は一定期間内に返還をしないといけません。

貸与型の奨学金の代表なものに日本学生支援機構の奨学金制度があります。

現在の大学では給付型の奨学金が増える傾向にあるようです。特に大学は少子化が進む中で少しでも良い学生を集めたいと独自に給付型の奨学金を充実させる傾向にあるようです。

受験前に申し込んでおき、合格すると奨学金の給付も決まる予約給付型の奨学金にも近頃は注目が集まっているようです。資金的にkびしい学生にとっては有難い奨学金ですね。

大学生や短大生の約3割が日本学生支援機構の奨学金を利用しています。第一種奨学金(無利子貸与)と第二種奨学金【有利子貸与)があり、成績と家計の収入に条件があります。

奨学金が受けれなかった、受けれないという学生でも奨学金以外でローンを組むこともできるので参考にしてみてください。

学生ローン
奨学金の貸与を受けるには、連帯保証人や保証人を選任する人的補償制度と呼ばれるものと、一定の保証料を支払うことにより、奨学金の貸与を受けることができる機関保証制度のどちらかを受けなくてはなりません。申し込み時に選択するようになっています。
第一種奨学金とは、無利子貸与で対象は専門学校・短大・大学・大学院・専修学校の成績優秀で経済的な理由により就学が困難な生徒、学生用です。

第二種奨学金は、有利貸与。対象は高等専門学校生・短大・大学・専修学校の第一種奨学金よりもゆるやかな審査基準によって先行された生徒・学生用です。

都道府県や市区町村によっては独自の奨学金制度を用意してあるところもあります。利用するには、奨学金を支給している地方自治団体に保護者が住んでいるか出身者であることなどが条件となります。

地方自治体によって、給付か貸与か、学力基準・所得制限・申し込み時期、他の奨学金との併用ができるのかなど条件は異なるので確認が必要です。

多くの大学で、独自の奨学金制度を用意しているようです、特に給付型や予約型が増える傾向にあり、平成16年に国立大独立法人化が行われて以降は、国立大学でも独自の奨学金を用意しているところが増えているそうです。