私が脱毛したい箇所トップ3

埼玉に住む25歳会社員です。

本当は全身脱毛をしたいと思っていますが、その中でも特に脱毛に関して欲求の高い3箇所についてお話したいと思います。
私が特に行いたいのは、脇・背中・デリケートゾーンの3箇所です。

①脇
女性のムダ毛の中でも、特に気になる箇所だと思っています。
腕や足の剃り残しはまだ許せるけれども、脇のムダ毛は一気におじさん感が出てしまう印象…。
自分で処理する際いくら頑張っても、ノースリーブを着る時にはできるだけ腕を上げ下げしないよう、気をつけてしまいます。
シェーバーを使うと剃り残しがあるし、抜くのは時間がかかるし、次生えてくる毛がもっと太くなっている気がしてなりません。
処理の仕方が難しい!

②背中
自分で見ることができないので、処理に気を使うところ。
剃り残しがあったとしてもなかなか気がつくことができないのです…。
とても可愛い・綺麗な人に限って、背中のムダ毛が濃いという方もたくさん見てきました。
「もしかして私の背中もこんな状態?」と恐ろしくなることも多々…!
見えないって怖いです。

③デリケートゾーン
彼が私のデリケートゾーンに関して、どう思っているかが気になります。
「彼女のデリケートゾーンの毛が濃すぎる!」なんて思われていないか不安です。
加えて、どのようにして処理するのが正しいのかがわかりません。
ほかの箇所と同じように処理して良いのか不安になります。
デリケートな箇所だし、大切にしたいところ。
将来、子供を産めなくなってしまうような傷はつけたくないし、プロに任せたいなと思うところです。
ほかの人に処理をしてもらう恥ずかしさはあるものの、やっぱりデリケートな場所は、知識のある人にやってもらいたいという思いの方が勝るかも。

私が住む埼玉県大宮市には、いくつかの脱毛エステサロンや美容クリニックがあります。
はじめは、脱毛が出来るのであればどこでもいい!って思っていましたが、よくよく調べてみると、脱毛でもエステサロンやクリニックによって脱毛方法に違いがある、という事が分かったんです。
詳しく知りたい方はこちらのサイトを参考に⇒レーザー脱毛大宮

はじめに、「本当は全身脱毛をしたい」と書きましたが、お金もかかるしなかなか脱毛自体に手を出せないところです。
ブライダルエステとかに通うようになったら、全身やってみたいとは思うかな。
お金をかけず・時間もかけず・痛みも少ない、そんな方法があれば良いなと思っています。

ひざ下のムダ毛に対する悩み

私は、ひざ下を脱毛したいと常々思っています。
ひざ下はスカートを履くと必ず出ますし、ジーンズを履いてもロールアップをすればやはりムダ毛の処理をしていないと毛が見えてしまいます。

ですから、オシャレをしようと思うなら、ひざ下の毛は年中処理し続けなければならないのです。

そう思うと、これから先何十年も毎日のように自己処理するということが億劫になり、考えただけでも時間を無駄にしているような気がしてなりません。

しかし、だからといって毛を生やしたままの状態で外に出ることはやはり恥ずかしくてできませんし、いろいろ考えると女に生まれてきたことさえも嫌になってきてしまいます。

これがもし腕であれば、夏を除いては長袖を着ておけば、腕の毛を見られることはなく快適に過ごせるため、それほど悩む必要はないのですが、ひざ下というのは臨機応変に対応しなければならないので、年中長ズボンという訳にもいかず、やはりそれなりに処理をしておかなければなりません。

そして、ひざ下の自己処理にはカミソリを使っているのですが、私は肌が弱いということもあってカミソリ負けをすることが多くあります。

また、カミソリ負けをすると脚全体が赤くなってブツブツができ、かゆくてたまらなくなります。
そうなると、かかずにはいられないのでボリボリとかいてしまうのですが、そのことによって血が出たりかさぶたができたりして、肌はボロボロになってしまいます。

私はオシャレをするためにひざ下のムダ毛を処理しているのに、このようにボロボロになってしまっては本末転倒になってしまい、自分ではどうすればいいのか分からなくなってきます。

しかし、カミソリではなく毛抜きで一本一本処理していくというのも非常に時間がかかりますし、抜くと毛が外に出てこないで埋まってしまう毛が多くなるみたいだし、埋まったままにしておくのもよくないとテレビで聞いたことがあります。色素沈着を起こす恐れもあるので、やはり毛抜きは怖くてできません。

いっそのこと、毛の処理をするのをやめようかと思ったことも何度もありますが、やはり羞恥心からその状態で人前に出る勇気はありませんでした。
ですから、私はこのような悩みから抜け出すためにひざ下を脱毛したいのです。

広島に住んでいるので、近くにいいお店がないかどうか調べてみました。
気になる方はコチラ・・・※レーザー脱毛広島

きっと施術をしてもらったら、楽になるんだろうな。

昔から体毛がコンプレックス

私は現在29歳の男性会社員です。私は昔からですが、男性ホルモンが強いせいか、髭などがほんとうに濃い人間でした。髭だけでなく、全身の体毛が濃く、中学へあがるときには胸毛や腋毛がはえていました。周囲のクラスメートからは「成長が早い」とうらやましがられていましたが、全然うれしくなかったです。

自分は母子家庭で、姉と妹がいました。女性ばかりの環境で育ってきたので、自分の性格も非常に女性よりに近い、中性的な性格をしていました。なので、自分はこの体毛がほんとうに恥ずかしいものだと認識をしていて昔からのコンプレックスでありました。今でもその認識は変わってはいません。高校生のときなどには30代に間違えられるくらいでした。ほんとうに苦痛でした。

そして社会人になり、直接人に役立つ仕事をしたいと思い、営業職につくことにいたしました。お客さまと直接契約を交わすお仕事をメインとしています。お客様に自分の髭のことでクレームをいただいたことがあり、そのときはほんとうにショックでした。毎日しっかりと髭はそっています。ですが、剃り跡などがはっきりとのこってしまい、顔に青海苔がついているような感じになってしまいす。一刻もはやく、改善をしたいとおもいましたが、自分が勤めている会社は給料がほんとうに少なく、貯金をするのはおろか、毎日の生活だけほんとうに精一杯でした。入社をする会社を間違えてしまったとも思ったことがありました。

ですが、去年になり、生活なども安定をして、それなりの貯金をすることができる給料ももらえることができるようになったので、自分は脱毛を決意して、脱毛サロンに通うことを決めました。会社の人に見られるのが嫌だったので、地元から少し離れた広島市内のレーザー脱毛(レーザー脱毛広島)に通いました。レーザー脱毛を受けることにして、10回ほど通い、現在ではおかげでほとんどの体毛を脱毛させることができました。仕事の接客でもお客様に好印象を与えることができて、自分としては人生が変わったと思うくらいうれしいと思っております。ほんとうに感謝をしております。よかったです。

 

もう毛深いとは言わせない!!

私は、本当に本当に毛深いです。顔にうっすらとうぶ毛が生えだし、「ひげが生えてるよ」と、友人に言われたのは小学校5年生の頃でした。もちろん眉毛は繋がっていました。
顔のうぶ毛でもそうなのだから、体のいたる所がやっぱり毛深いのです。いちいち説明するのが悲しくなるくらい、あちらこちら、毛の生えているところ全てと言っていいくらいに毛深いのですが、一番処理に困るのが「脇の毛」でした。気になって仕方がないので、生えだした頃から頻繁に剃ったり抜いたりを繰り返していました。頻繁に処理を繰り返していたせいなのか、たまたま見てしまった友人の脇の毛よりも私の脇の毛は広範囲で生えているし、なにせ剛毛。とても剛毛。剃ってもジャリジャリとした皮膚感が残り、まるでお父さんのあごひげのよう。剃ったばかりでも青々としていて、誰かに見られるかも?と、心配でノースリーブなんて絶対に着られません。
抜いたとしてもあまりにも広範囲で、ブツブツと抜き後が目立つ感じで、これもやっぱり誰かにうっかり見られる事が心配でノースリーブはやっぱり着られません。

手足などももちろん毛深いので、薄いにこしたことはないけれど、脇の毛に比べたら、処理もしやすいので、まだ我慢が出来ます。
だけど、脇の毛はまた生えてるよ…と入浴するたびにテンションが下がってしまうし、可愛らしくて着てみたいなぁと思う洋服もデザインによっては試す気持ちにもなれません。

そんな私に友人が脱毛を勧めてくれました。とにかく脇の毛がどれ程までに濃いのか!というくらい脇の毛が濃いので、脇の脱毛を考えています。
私は地元が香川県高松市なのでこのサイトで料金やいろんなプランを見ています ➡☆エステ高松

普段は見えないし、隠そうと思えば隠しておける所なので、忘れていられるけれど、着がえる時には思い出してとてもガッカリしてしまいます。
私の母親がそんなに毛深くないので、ある程度歳をとれば薄くなってゆくのか?と、思っていますが、今のところそんな気配すらありません。
こんな気分から解放されて、好きな洋服が着たいです!そして、たまには水着だって着たいです!夏でも冬でもおしゃれを楽しみたい!”

奨学金制度

奨学金制度とは、学習意欲がある学生に対して学費や生活費を給付または貸与することによって経済的負担を軽減するための制度です。

「給付」される奨学金は、支給された奨学金を返還する必要がないのですが、「貸与」の場合は一定期間内に返還をしないといけません。

貸与型の奨学金の代表なものに日本学生支援機構の奨学金制度があります。

現在の大学では給付型の奨学金が増える傾向にあるようです。特に大学は少子化が進む中で少しでも良い学生を集めたいと独自に給付型の奨学金を充実させる傾向にあるようです。

受験前に申し込んでおき、合格すると奨学金の給付も決まる予約給付型の奨学金にも近頃は注目が集まっているようです。資金的にkびしい学生にとっては有難い奨学金ですね。

大学生や短大生の約3割が日本学生支援機構の奨学金を利用しています。第一種奨学金(無利子貸与)と第二種奨学金【有利子貸与)があり、成績と家計の収入に条件があります。

奨学金が受けれなかった、受けれないという学生でも奨学金以外でローンを組むこともできるので参考にしてみてください。

学生ローン
奨学金の貸与を受けるには、連帯保証人や保証人を選任する人的補償制度と呼ばれるものと、一定の保証料を支払うことにより、奨学金の貸与を受けることができる機関保証制度のどちらかを受けなくてはなりません。申し込み時に選択するようになっています。
第一種奨学金とは、無利子貸与で対象は専門学校・短大・大学・大学院・専修学校の成績優秀で経済的な理由により就学が困難な生徒、学生用です。

第二種奨学金は、有利貸与。対象は高等専門学校生・短大・大学・専修学校の第一種奨学金よりもゆるやかな審査基準によって先行された生徒・学生用です。

都道府県や市区町村によっては独自の奨学金制度を用意してあるところもあります。利用するには、奨学金を支給している地方自治団体に保護者が住んでいるか出身者であることなどが条件となります。

地方自治体によって、給付か貸与か、学力基準・所得制限・申し込み時期、他の奨学金との併用ができるのかなど条件は異なるので確認が必要です。

多くの大学で、独自の奨学金制度を用意しているようです、特に給付型や予約型が増える傾向にあり、平成16年に国立大独立法人化が行われて以降は、国立大学でも独自の奨学金を用意しているところが増えているそうです。

 

 

 

ヒゲの処理に悩んでいます…。

私が脱毛をしてスッキリしたい部分は、口・顎・頬に生えるヒゲです。仕事上ヒゲを伸ばすことができないということと、何より不潔に見えるという個人的な主観から、ヒゲを脱毛したいと考えています。

それに加え個人的なことですが、処理がとにかく面倒なのです。肌が強い方はカミソリやシェーバーで一気にシェービングができるのでしょうが、私は肌が弱いためにそういった方法で処理ができません。

しようもんなら肌は荒れて翌日から徐々にブツブツができてしまいます。なので、私シェービングではなく定期的にピンセットにて一本一本ヒゲを抜いています。

シェービングと比べると莫大な時間を要しますし、なにより痛いです。(※処理時間は30~40分ほど毎回かかります)

伸びることが不快であり、処理にも時間と痛みを伴う邪魔なヒゲを一生生えてこないようにしたい。そんな悩みをもった男性は私だけではないと思います。

仮に私の肌が強く、カミソリ等で処理が可能としても脱毛を希望します。シェービングをしても皮膚の内側に剃り残しがあり青ヒゲ状態にはなることからは逃げられません。なので永久に生えてこないことこそが私の望みです。

また、歳をとるにつれてヒゲが生える範囲も広がり処理には一層の時間が必要になっていきました。これに待ったをかけるためにも永久脱毛をしたいものです。

見た目にも若々しく清潔な印象を与えることは間違いありません。金額はかさむかもしれませんが、定期的にヒゲを抜くじかんが永久脱毛をすることによって時間が浮けば他のことに時間を充てれます。

お金で時間を買えるのであれば、こんなにいいことはありません。まずは男性でも気軽に通える永久脱毛を行っている施設を探します。